皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

気が付いたら年も明け、それすら過去のものとなりつつあります。
相変わらずの不定期更新ではありますが、本年もよろしくお願い致します。

そんな状況ですが、うちのメダカちゃんはマイペースに生活しております。
毎度ながらな感じですが、現在のメダカ飼育について、マッタリとご紹介です。

【注意】

一部水槽は苔を落とさず撮影しております。
その為、ちょっと見栄えが悪くなっておりますので、気になる方はこのまま回れ右してください。

のんびりメダカ飼育日誌【12】

MP
12月までは、今年は暖かい冬だなぁと思っていたのですが……
年を越すあたりで、冬が本気を出してきましたね。

それまで余裕モードで放置していたので、気温が下がって体調を崩す子がちらほら出てしまいました。
ま、まだだ、まだ慌てる時間じゃ……ああああ、ずぼらな飼い主でごめんよおおお!

そんな厳しい(人災の)冬を乗り越え、春となりました。
既に産卵の兆しが見えておりますが、そうなるとエサやりが難しくなる季節です。

そんな感じで、相変わらず色々とやらかしてますがメダカちゃん達の様子をご紹介です。

初期ウォーターボトル水槽のメダカちゃん達

ORIGINAL
こちらには現在、新顔のサファイアちゃんの稚魚5匹とオトシンクルス5匹が混泳しております。
サファイアちゃんはかなりプリっと育ってきてまして、美味しそうです(こら
17115424404755034763528921551979
このボトルは一回滅びかけから再生したのですが、水草の相性が良いらしく、かなり安定しています。
メダカちゃん達は、朝になって私の姿をボトル越しに見かけると、エサ、エサをくれ、という感じで壁面に集まってくるようになりました。

愛いやつ、愛いやつ、と愛でながら餌をやって一日が始まります。

そんな感じでメダカちゃんの方は割と元気なのですが、不安だったのがオトシンクルスです。
この子たちは元々熱帯の子で、冬を越すにはヒーターが必須なはず。

……なのですが、何だか割と元気です。
お前ら熱帯の気質はどこにやったんだ?

確かに、基本的にこの時期なら室温が15℃を下回る事はありません。
2月くらいが山場だったのですが、室温がその程度なら問題無さそうでした。
春になり、20℃を超えて来る日も多くなりましたが、より元気になってますね。

まぁ、そんな感じで今日も割と元気に泳ぎ回ってます。
最近は私の姿も見慣れたのか、デスクから覗いていても逃げなくなりました。
PXL_20240327_014504345
エサが不足している様子もなく、元気いっぱいなので、とりあえずは一安心?

緑ガンダム水槽の子達(青幹之系初代)

こちらは残念な事に、年末にかけて次々と落ちていきまして……遂に生存者はオトシンちゃん1匹となりました。

青幹之初代は、これにて全滅したことになります。
マザーも最後まで頑張ってくれましたし、大往生でした。
今までありがとう! ゆっくり休んでね。

まぁ、もし気が向いたらまたウチに生まれてきて楽しんでくれ。

そんな感じで、水質的にもちょっと難がありそうなので、一回リセットしようと思っています。
水草も旺盛で堆積したヘドロが土壌になっていて、栄養分や菌が多そうなので、有効活用できればいいなぁ。

DX水槽の子達

こちらの環境は、エビの楽園になっており、ヒメダカたちを入れてみたのですが、あっという間に全滅しました。

すまぬ、すまぬ……。

しかし、幾ら安くて体調の良くないヒメダカだとしても、流石にちょっと落ちるのが早すぎです。
まぁ、曰くつき(何か有害物質が混ざってそう)の水槽なので、そういう側面もありそうですが、それ以上にエビが多すぎるというのが致命的な気がします。

なので、ちょっとエビを他の水槽に移しつつ、水槽内の数を減らしてどうなるか見ていきたいと思います。
また、この水槽には比較的大きく育った個体のみに厳選することで、被害が減るかも合わせて見たいと思います。

何となくアナカリスだけの植生も悪さの元だと思っているので、ここも改善したいところ。
そう思って、色々と植えてみるのですが、エビの軍勢が全てを根こそぎ食い尽くしてます。

だ、ダメだ、このままでは駄目だぁ!!!

という訳で、エビ移住計画発動中。
さて、どうなることやら?

大型ガラス水槽(幹之系の子孫達)

ORIGINAL
こちらは幹之2・3世代の混合水槽になっております。
植物の育成も順調ですし、水替えの頻度もほぼなしですが、悪くないようです。

そして、こちらの水槽ではとある実験を始めました。

私のブログをお読みいただいている方は、ご存じの事なのですが、私は園芸も下手くそながら少々嗜んでおります。
そして私は、メダカちゃんの飼育に見られるように、基本的にずぼらなのですが、そんな私でも育てられている植物が何種類かあります。

その中で、栄養吸収が抜群で育てやすく、かつ育てるメリットの大きい子が存在ます。

それが、アカザカズラ(雲南百薬)です。

実は何度か、メダカ水槽で育てられないか試してみたことがあるのですが、過去のチャレンジでは失敗していました。

今回は、こちらの大型水槽で育ってみたのですが、ある工夫をしたところ、今のところ順調に育成しています。
これで屋内のクリーンな環境で葉っぱが収穫できる!

そして、現在……

伸びすぎた(いつもの)
ORIGINAL
その内、バッサリ切って、美味しく頂く予定です。
問題は、メダカ水槽内に変な菌とかウィルスが繁殖してないかなという事。
まぁ、人体実験と行きましょうかね(割と勇者ムーブ)

ただ、アカザさんを導入した水槽内の水質は悪く無いのですが、一つ問題がありまして。

根っこが凄い!!
ORIGINAL
うーむ、地面の中に入ってくれるのを期待したのですが、どうやらそう旨くは行かないようです。
やはり水槽に直接投入はちょっと厳しいかなぁ?

ペットボトルで覆いを作って封じ込めたつもりだったのですが、隙間から侵食してこれですよ。
ただ、とりあえず一定の効果はあるので、別の方法を考えて、安定化を目指したいと思います。

ダルマちゃん(?)水槽

PORTRAIT
お気に入りのダルマちゃん水槽の住人は1匹に減りました。

またこの水槽にミナミヌマエビの長老も☆になりました。
そこからはエビの大繁殖は割と落ち着いて、いい塩梅で推移しています。

そこで寂しい絵面になったので、新たな住人を召喚しました。
・メダカ おまかせ ヒレ長スワロー 未選別 稚魚(SS〜Sサイズ) 10匹セット 送料無料
・メダカ 深海 マリンブルーめだか 未選別 稚魚SS〜Sサイズ 10匹セ ット

こちらのショップさんは、メダカの質も良く種類も豊富です。
レアものなどに興味がない私は、少し派手なメダカをお手頃価格でお迎えする時に重宝しています。
送料無料の商品に抱き合わせれば、そのまま一緒に送ってもらえますし、割安感があります。
MP
苔は生えませんが、水草は元気でメダカも元気という、理想のバランスです。
しかし、放っておくと、すぐに苔まみれになるので、定期的な清掃は大事。大事。

バルバトス水槽(廃墟)

こちらにいた紅帝ちゃんの様子があまりよろしくなかったので、隔離・塩浴上し、ガラス水槽に移行したことで、現在こちらの水槽は完全にエビとミズゲジの楽園になっております。

こちらの水槽をエビの繁殖用としてしまうのもありなのですが、ミズゲジが邪魔すぎる……。
分解者としては優秀な彼ら(彼女ら?)なのですが、エビと違ってコントロールできないので、ちょっと一回滅ぼした方が良い気がしてきました(神の目線)

ちょっと考えてみたのですが、この冬で調子を大きく崩した水槽の特徴として、以下のものがあるんですよね。

① エビ・ミズゲジなどが大繁殖している水槽
② ヘドロ(4年分)がたまっている水槽(しかも掃除のときにめっちゃ掘り起こしてしまった)

まぁ、②の方は完全に自爆なので、さもありなんなのですが、逆に分解者たちが多すぎても、水質の安定は難しそうです。

なので、ちょっとコントロールを外れている水槽は、近いうちにリセットして作り直すことにします。
ボトルの数も増えすぎたし(現在7本)、新しい環境を作るにも良い時期でしょう。

が、頑張って掃除しよう……うん。

今回の記事は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。