皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

遂に終盤戦へと突入した本作品ですが、今回は、スレッタの本心とクワイエット・ゼロが!
さぁ、現実が容赦なく牙をむく展開になってきました。

とりあえず、例の如く私は他のところから情報を仕入れず、個人の視点で楽しませてもらいます。
色々妄想しておりますが、今回も更にその妄想は深まるばかり!

そんな感じでお暇なアニメ好き、ガンダム好きの方はどうぞです。

※注意
本記事はネタバレ要素やそれに基づく私の予想を含みます。
また私は他のところで情報を得てませんので、あくまで私個人の妄想という事で聞き流してください。

今回のツボ!ここが好き!水星の魔女

end21
今回も怒涛の展開で、1秒たりとも目が離せませんでしたね!
学園の崩壊にあって地球寮の皆のひたむきさが目につきます。

では追っていきましょう。

公式サイトはこちらです。

さて、今回も勝手に感想等を述べていきます。
あくまで私個人の感想なのですが、何か新たな視点を得て頂ければ嬉しいです。

スレッタの正体が本当に切ない

流石に私の提唱していた総GAND説の線はもう無くなってしまった思いますが、それを差し引いても、かなり悲しい状況のようです。
何が悲しいって、スレッタは現状を全て理解しているという点ですね。
逆説的に、今までもそういう認識は奥底にあったけれど、母への執着で全部塗りつぶして蓋をしていたという事実がここで確定しています。

個人的には、そこまで知性のある人間が、幼児のようになれるのか?と思わんでもない事と、ちょっとこの数日でスレッタさん情緒が成長しすぎじゃないですかね?と思わんでもないんですけど、この辺りはそういう物語と割り切るか、何かまだ謎があるのか?という所でしょうか。

更に、スレッタの運命はとても残酷でした。

スレッタが生身の場合は、エリクトがカバーしていたという理屈しか無い訳ですが、やはりそういう方向で確定しそうですね。
となると、後に述べます機体は相当ヤバい事になるんじゃないですかね……本当に主人公ムーブかまし始めた途端に酷いことに。

一方で学園の中でも色々と希望の描写が描かれておりました。

特に絶望するミオリネの裏では、ミオリネが丹精込めて育てたトマトが皆の心に潤いを与えるという皮肉な描写がまた、このスタッフの鬼! けどこの流れとても好き(手のひら返し

そして、裏で苦しむミオリネなのですが、これはこれで真面目過ぎる……

全てを彼女が背負う必要も意味も無いのだが、真面目な彼女だからこそ、そうしてしまうという描写が実に悲しいですね。

良くも悪くも強さを求められた人の弱さを見事に描いてくるあたり、鬼だな、このスタッフ!(知ってた

けど、個人的には絶望した彼女がクワイエット・ゼロに取り込まれて世界の敵になるというのが私のシナリオだったので、そうならなかったのは良かった!
あれ、一番人でなしなのって私なのでは?(ぁ

ベルメリアのどこにでもいそうな普通の大人感が凄い

割とどこにでもいる無自覚に酷い大人の例をまざまざと見せつけてくれているのがこのベルメリアですよね。

くたびれたおっさんからすると、割とこういう人はどこにでもいて、悪い事と自覚していてもどうしようもないからやってしまうという、この、うーんっていう。

けどやっている事があまりに鬼畜なので、擁護の仕様が無いんですよね。
で、今回、完全にリミット解除して悪役ムーブ全開のプロスペラママンも、質が悪い大人なんですけど、私から見ると、やってること自体は凄く酷いママンなんですけど、心情的にはベルメリアの方が許せないかなって感じになります。

勿論、エリィの為に突っ走るっていう部分もあるんですけど、この二人を比べたときに、一番大きな違いって「自分で背負っているかどうか」なんですよね。

プロスペラママンは、もうすがすがしいまでに人生かけて臨みに向かって邁進しています。
やり方は極めて鬼畜ですが、彼女自身はそれも含めて背負ってる感じがします。

一方で、ベルメリアは、言動の端々に「自分ではどうにもできなかった」という言い訳が見えます。
だから許してくれ、私は悪いかもしれないけど、そんなつもりじゃなかったという感じです。

この二人を私が見比べたとき、プロスペラママンは極めて稀で、ベルメリアはごく普通の価値観をしております。
多くの大人はベルメリアを心に住まわせているのよ。

そういう意味で、凄く皮肉だなぁと思いながら、ニカ姉、良く言ったと思ってました(鬼

え? そっち!? と思った人が多いはず

何がってラウダ君が逆恨みして、シュバルゼッテに乗るまでは私も予想範囲だったんですけど……


そこでまさかのミオリネに行っちゃうかー。
流石に私も視聴していて「え? そっち!?」ってなりました。

けど、ラウダ君、割と思い込み激しいから、納得と言えば納得なんですよね。
さぁ、これでミオリネは更なる窮地を迎えることに。

そして、逆にスレッタの方はと言えば……

まさかのいきなり現れた伝説の機体で出撃となりそうです。
って、あれ、何かこれ、もしかしてナディムパパン関係しているんじゃね?

という感じで、最終回に向けで話が更に急加速しております。
今後の展開に期待です!

という感じで、次回も楽しみに待ちたいと思います。

※注意

さて、今回も私の妄想力がさく裂してかなり先の事を勝手に語ってます。
あまり影響を受けたくない人は回れ右推奨ですよ!

上等だ、ゴルァ!という方はそのままお進み下さいませ。
















勝手な妄想①:作品に込められたメッセージ③

終盤戦に入って、ますます厳しい状況になる中、そんなメッセージが強く浮き彫りになっていってますね。
皆さんは、今回の話にどんなことを感じたでしょうか?

今回のシーンでも感じ入るものが沢山ありましたが、やはりスレッタが自分の意思をもって「やれることをただやる」と言ったこのシーンでしょうか。

ちなみに、引用させて頂いた方の様に「進めば二つ」を呪いだと認識している方だとこういう感想になるんだなと、興味深く拝見しました。

恐らく多くの方も、プロスペラの呪縛から解き放たれたという意味で、このシーンを見ていると思うんですけど、私はちょっと違います。

というのも、前から申し上げております通り「進めば二つ」は呪いでも何でもない、ただの大人からの応援メッセージであると私は考えているからです。
進んだ先に、この境地にたどり着いただけであって、結局、その言葉が無ければここまで来れてないのですよ。

あと進めば二つという意味を、欲深いとか得をするからという意味で捉えてる方もいらっしゃいそうですね。
この辺りは、人生観や価値観が出るんだろうなぁと思いますし、答えは人の数だけあっていいと思うので、面白いですよね。

とは言え、ママンの悪役ムーブ今回も凄いですからね、これは最後まで多くの皆さんが呪いと感じたまま突き進むかなーと思ってます。

ただこの言葉、本当は誰からの言葉なのか、私は裏があると思ってまして。
私はデリングがカギを握っている気がしてますよ。
もし仮にそうなると、この言葉の出どころ次第でイメージがガラッと変わると思います。

何にせよ、デリングが起きない事には始まりません。
っていうか、あれ、父の日に間に合わな、あれ、もしかして起きるのは……その日?
あれ、凄く死亡フラグしかない気がするんですけど? あれ?

まぁ、それは来週になればわかる事なので、楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに、私も残念だよ……本当に。
スタッフの皆様方も、また大変だろうと思いますが、無事に走り切って欲しいです。応援しておりますよ!

今回の記事は以上になります。
お読みいただき、ありがとうございました。

© 創通・サンライズ・MBS