皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

今回は、今まで全く紹介する必要は無いと思っていました他の活動についてご紹介する記事です。

と言いますのも、皆さまが既にご存知の通り、こちらのブログは基本的に趣味全開で思った事を思いのままに書き殴るブログとなっております。
ですが、ちょっと最近、色々と思う所がありまして、この際ですから赤裸々に私の活動の全てを公開してしまおうと思い立ちました。

なので「別に他の活動には興味ない」とか「花騎士だけ見たいんだよ!」と言う団長様はこのまま回れ右して下さいね。

私が活動を解禁しようと思った訳

document_report
このブログでは基本的に趣味の事を中心に書き綴っております。

ですが、まぁ、皆さんもそういう方は多いと思うのですが趣味じゃない分野に関しては別のアカウントでコソコソと活動してたりします。
その方が管理しやすいですし何よりジャンルによって求められているユーザー層が全く違うんですよね。
なので、今までその様な形で切り替えて活動していました。

活動の中心はこのブログ でも……

ちなみに、活動の中心に据えているのは今はこちらのブログです。
だって趣味の話なんて幾らでも湧いて出てくる訳ですし何も気にせず書けるので一番楽なのです。

ありがたい事に、こちらのブログには多くの方に足を運んでもらっております。
何だか最近はコメントも書いて下さる団長さんが多くなりまして、こちらも励みにしつつ私も楽しませてもらっております。

改めまして、いつも読んで下さる皆様、そしてコメントを下さる皆様、ありがとうございます。

そしてほぼ全ての団長様が、花騎士を中心とした記事を望まれている筈だと思っていましたので、そちらに注力しようとこういう形にしている訳ですね。

ですが何と申しますか、それでも時と場合によっては、やはり他の活動と繋がってくる事もチラホラある訳です。
特に今は世の中が変革期の真っただ中という事もあって、政治・経済・思想その他もろもろの話について、皆さんも悩んだり嘆く姿をTwitter上やそこかしこで見るわけですよ。
そしてそういった時に、おっさんたる私は、ちょっと歯がゆかったりすることもあったりするのですよね。ほら、語るの好きなおっさんなので(うっとおしいおっさんの例)

前まではこちらのブログでも、そういった真面目な話も取り扱っていましたが、ある時を境にそこは完全に別垢に切り替えたんですよね。

ただ、冷静に考えて、せめて導線だけでも確保しておいた方が良いのかな?
とか、今さらながらに思ってみたりもしてます。

まぁ、実は書いている内容が、かなりこっ恥ずかしい物ばかりなので、当初は分けたというのもあります。
ですが、それを読むか決めるのはやはり読者の皆さんの手に判断を委ねるのが自然な流れだよなぁと、思い至ってしまったのが事の発端です。

密かに応援して下さっていた方もいたらしい

これは実は私の中では凄く衝撃的だったんですけど、どうやら私の小話を楽しんで下さっている方もいたらしいと、先日知ったのです。
あ、ちなみに小話というは、花騎士マン制作秘話のあれです、あれ。

私も別に何か反応を求めて書いている訳ではないので、リハビリ程度に軽く適当に作ってるんですよね。
なので正直に申し上げれば、私の中では、
誰も読んでないだろうな。今まで小話に対しては何の反応も無かったし
と言う立ち位置の作品……とも呼べない何か、だった訳なんです。

ちなみに、普通の方?や過去の私なら、反応が全く貰えないとめっちゃ病むんじゃないかと思います。
ただ私の場合は、あの小話は楽しみながら書きたくて書いてるものなので、その辺りは全く気にならないんですよね。
ですから、楽しんで下さっている方がいると知って、余計にびっくりした訳です。
そんな風にちゃんと想いを伝えて下さったので、まぁ、これはやはりちゃんと筋を通しておかねばならんかなぁと思った経緯もあります。

とは言え、やっぱりやめておいた方が良いかなとか、ちょっと悩んでます(ヘタレ)

その位「花騎士団長 泉絽」とは違ったお姿や極端な内容をお見せすることになると思いますので、今のままで良いという方はやめておいた方が良いんじゃないかなーとか私は思ってます。

え? このおっさん、他に何やってんの? と、気になる方は、まぁ、良かったらこの先にお進みください。

良いですか? 忠告はしましたよ?
一度知ってしまったら、知らない事には出来ませんからね?
人間、斜め45度でチョップしても記憶を飛ばせるようには出来てませんからね?

では、そんな訳で覚悟の出来た奇特な方は、お進みください。

私の他の(恥だらけの)活動をご紹介

さて、来てしまいましたか。残念です(ぉ

いや、私はここではバカやってますけど、他の場所だともっとやらかしてるんですよね。
そういう恥に当たる部分も一緒に共有することになるので、何と言うか気分は、変態不審者さんですよね。
こう、真夜中にうら若き乙女の前でトレンチコートをガバッとあk(以下自主規制

とまぁ、それ位の覚悟が無いとこちらの活動をご紹介できません。
なんせ、私の過去のやらかした体験や思想が存分に詰まったものなのですからね。

① かんおさ note


こちらは、主に私の過去からの体験談、そして今の闘病記、更に政治や思想についてなどを書きなぐっている場となっております。

一応、Twitterもあるんですけど、切替面倒臭くて最初の一言をつぶやいたまま放置です(意味なし)

特に体験談系は、過去も含め私のリアルを赤裸々に書いておりますので、めっちゃ恥ずかしいです。
正直に言って、記事を読んでしまった方にこれからはそういう目で見られると思うと興奮しますね(変態)

まぁ、そうは言っても、真面目なそんな話を求めてこられる方も一定数いらっしゃったので、こちらに訪れる団長様やオタクな皆さまにも必要としている方はいらっしゃると思い、今回、恥を忍んで後悔、いや公開しました。

ブログに長くいらっしゃっている方はご存じかと思いますがアドラーさんの例の記事や入院体験記なんかはこちらに移動しております。入院記は移動するの忘れてて、今更少しずつ反映中です。

という訳で、こちらのnoteさんでは、私の信条や考えていることを歯に着せぬ形で自重せず書いておりますので、そういったお話が知りたい方は、何かの足しにして下さい。
因みに、昨今の情勢でかなり右に偏ったなぁというのが私の偽らざる心境です(遠い目)

まぁ、もし何か感じるものが少しでもあって、間違って応援してやるぜ!ってなったら投げ銭でもしてくれると私の食事がワンランク上がりますのでぜひぜひお願いします。
あ、BOOTHでシクラメン合同シールをお手に取って下さっても良いのよ?(露骨なダイマ)

ただし、記事を読んでみて「泉絽さんってそんな人だったんだ、騙された!」とか思われても私は何の責任も取れませんので悪しからず。

ちなみに過去はどうであれ基本、私は素のままですから、そこだけは主張しておきます。ええ。
多分、じゃぶマイ辺りで本人と会った方は分かると思うのですが、まんまですからね、私。

そんな感じで予防線をかなり強く貼っておきましたが、今を悩む団長様達の中に、少しでも幸せになる為のきっかけになる何かがあったら、それだけで嬉しいです。

② 風慎 小説家になろう

ああ、こっちは本来であれば隠しておきたかった……って言うか、まだまだ間に合……わないか。
と言う訳で、覚悟決めます。

過去の承認欲求を満たすために書き始め、それによって心が折れたというアホな体験を積み上げた場がこちら。
もう読者の皆様を散々お待たせしている、駄作を書き連ねた過去の遺物でございます。

なのでめっちゃ書けなくなって病んで放置した結果、花騎士楽しーってなって今に至ります。

一応ツイッターもあるのですが、例のごとく例の感じです。
そして京夜さんとはこの頃からめっちゃお世話になりまくってます。もうあの方には本当に足を向けて寝られないんですよね。
そんな素敵なキャラクター達も沢山形にして貰ってるのに、生かせてないのが口惜しい。

仮にですが、こちらの作品の読者の方が、たまたまこちらにいらして、この記事を見て下さっているなら、もう平伏しまくりますので、もう少しお時間下さい!

書く気は凄くあるのです。だが、今は花騎士の方が楽しいので、ちょっと待って(鬼畜)

いやぁ、同時並行は不器用な私には無理でした。
どうしても、花騎士の活動の方が優先になってしまいまして。
更に身体がポンコツ化したので、余計にどうにもならない状況だったりします。

ただ、ここ最近やっと少し筆が進むようになりまして、実は少量は書き溜められてます。
まぁ、今は完全放置状態なので、昔の読者の皆様も離れていると思うのですが、いつか再開できれば良いなぁと思いつつ、粛々と活動していきます。

そんな訳で、こちらの作品、作品? 作品っぽい何かは、中途半端な所で止まってますので、それでも良ければ恥を詰め込みまくった物語っぽい何かをお楽しみください。
自分で言うのもなんですが、拙いですけどそこそこ面白いと思う。
やるな、過去の自分(自画自賛)

ちなみに凄く余談なのですが、ツイッター上で時々絡んで下さるこの方は、その繋がりになります。
私のような、なんちゃって作家とは違って本当に素晴らしい小説を書かれている作家さんなので、もしご興味があればお楽しみ下さい。
文章の質とか雰囲気の作り方が本当にレベル高いんですよね。

そんな感じで、以上2つの活動をご紹介いたしました。
ご興味のない方はそのまま捨て置いて下されば結構です。
全ては、読者の皆様のお望みの通りに、上手く活用して頂ければと思います。

まぁ、それでも変わらずお付き合い下さる方は、今後とも宜しくお願い致します。

今回の記事は以上になります。
お読みいただき、ありがとうございました。