皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

全国のテクターの皆様、元気にテクテクしてますでしょうか?
私は密かに地味なハマり方をして、散歩にでかけまくってます。

いや、やっぱり、こういう一人で地道にコツコツできる系って性に合ってますね。
ましてや、自分の住んでいる地域と連動していると、また色々と感じ方も違います。

今回は、そんな地味ハマりしているテク✕4について、少し突っ込んだご紹介をしたいと思います。

私が快適にテクテクする為に気を付けている事

こちらの記事でもチラッとご紹介しましたが、このゲームは位置ゲーなので、
散歩や通勤との相性が非常に良いゲームです。

特に外に出るための目的を作ってくれるので、私の様な出不精の人間にはとても良い刺激になっています。
ですが、巷の声を拝見するに、チュートリアルも何もなく、いきなり世界に放り出される為、
楽しんでいる一方で、戸惑っている方も多い印象です。

そこで、私がこの数日間楽しんできて、色々と感じたことをまとめておきたいと思います。

データーダウンロードは意外と大事

巷の声を少しだけ見た感じですと、読み込みが長い!とか、通信量がぁ!と言う意見を目にします。
確かに、重いです。特に、通信するタイミングで色々と重くなるようです。

なのですが、前回の記事でも述べたとおり、貧弱な私のスマホでも、結構普通に動いてます。
なんでかなーと思っていたのですが、一つ思い当たる節が……。

データーダウンロードを初っ端にやってました。

もしかしたら、これの影響はかなり大きいのでは? と思いまして、こちらの記事でもご紹介しておきます。

まず、ゲーム画面右上の歯車マークから、オプションを開きます。
Screenshot_20181205-003053
『一括ダウンロード』を選択します。
Screenshot_20181205-003101
そうしますと、この様な警告が出ますので、「はい」を選択します。
Screenshot_20181205-003107
後は、ダウンロードが終わるのを待つだけです。
Screenshot_20181204-220213
ここで2点ほど、注意があります。

一つは、このダウンロードはかなり時間がかかる上、そこそこエラーが起きるという点。
しかも、ダウンロード後半に連れて、何故か重くなるので、余計に長く感じます。

勿論、環境によってかなり変わってくるとは思うのですが、私の環境下では、数回リトライが発生しました。

リトライすれば、続きからすぐにダウンロード復帰できるのですが……

二つめが、リトライした際に、勢い余って中止ボタンを押すことがあるという点(あふん

いやー、私、根っからのドジ属性があるもので、結構やらかすんですが……
2回やらかして、最初からやり直ししてます(愚か

落ち着いている皆さんはきっと大丈夫だと思うのですが、一応、念の為。

それを踏まえた上で、参考になるかはわからないのですが、ここ数日のデータ通信量です。
Screenshot_20181204-214514
ちなみに、外でテクテクした時間は、本日までで、おおよそ8時間前後かと思います。
大体、1時間で26M前後でしょうか? 多いのか少ないのかはわかりませんが、私はこのくらいです。

テクテクする時は2D表示にして操作は一切しない

Screenshot_20181204-221459
これは、私のスマホが貧弱なのが原因なのかも知れませんが……
歩いている最中にがっつりゲームを操作すると、高確率で通信エラーか、アプリエラーが起こります。

なので、基本的に外で歩く時や移動して『よやくぬり』していく時は、一切操作しません

ただマップ代わりに画面を見ることはあるので、自分中心の2D表示(大事)にしておきます。

こうすると、敵を読み込まなくなるんですよね。だからエラーが少ないんじゃないかと。

※12月7日 訂正

 すいません、敵、がっつり読み込んでました……(土下座
 どうやら、新しい街区を塗りに行っていたから、
 敵が出ない=読み込まないと勘違いしていたようです。
 心からお詫びしつつ、訂正します。

そして、多分、結構地味に大事かと思うのですが、スマホカバーを付けてます

それをカバンやポケットに放り込んで、時々、分かれ道や信号待ちの時に確認するくらいです。

もしかしたら、もっとスペックの高い機種では、そんなことをしなくても余裕なのかもですが……
私のように貧弱なスペックの場合はその位しないと、挙動が安定しませんでした。

ですが、逆に言えば、それに気をつければ、滅多なことでは落ちません。
通信の関係(電話が来たり)で、リトライがかかることはありますが、頻度は多くないですね。

戦闘や塗りの作業は家でのんびりと


戦闘とか、塗り(となりぬりも含む)って作業になりやすいじゃないですか。

なのであんまり外でやりたく無いと私が思っているのが大まかなところなのですが、
恐らく、通信関係の事を考えても、通信の安定したところでやる方が良さそうです。

特に、戦闘はぶっ続けでできるので(腕が持てば)、ついつい時間をかけてしまいがちです。
どうも敵を読み込む時に若干ですが通信しているっぽいので、
そういう意味でも、戦闘はのんびりと、定額通信環境のある場所でこなした方が良いかと思います。

同様に、塗りの際も、恐らくですが、若干の通信が発生しているのではなかろうかと。
妙に引っかかる時があるので、定期的に通信で整合性をとってるんじゃないかなって思ってます。

なので、こちらも急ぐ必要のない作業なので、一日の終りにでも、塗っていけば良いのかなと。

あくまで私の感性での話なのですが、もし、動作が安定しない方がいらっしゃれば、参考にしてみて下さい。

序盤からの育て方とか

これは、私が適当にやってきた経験を元に書いた記事なので、最適解にはならないかと思います。
なので、最大効率で楽しみたい方は、参考にならないと思います。

とりあえず、方向性もわからないので、なんでも良いから知りたいと言う人には、
多少の指針にはなると思いますので、気休め程度に読んでいただければと思います。

まずはランク3を目指そう

Screenshot_20181205-003053
勿論、これは『予約ぬり』を開放したいからです。

前述の通り、予約ぬりがあるのと無いのでは、ゲーム性そのものが変わります。
テクテクするなら予約ぬりは必須なので、頑張ってランクを上げましょう。

字のコンプリートは大きさより量

これは私が都心住まいなので、場所が変われば、もしかしたら違うのかもですが……
基本的に、今まで私が回ってみた感じ、最初のコンプリートを除いて、字の報酬は一定です。

もしかしたら、べらぼうに大きな字を制覇した場合は、違うのかも知れませんが、
そもそもそんな字、制覇する前にTTPが尽きます。

なので、とりあえず、小さな字の集まっているところを狙い撃ちにした方が、色々と楽です。

都心の場合は、私が回った近くですと、神田辺りが凄く美味しい地域です。
Screenshot_20181204-222424
『となりぬり』を駆使して、ナメクジが這うように、その地域に進んでいき、到達したら一気に侵食するのです!!

私は前回の記事で書いたとおり、芝浦ふ頭を制覇してましたので
そこから、北に地味ーに伸びていきました(ぉ

こんな感じで他にも美味しい地域があるはずです。
古来より栄えてきた商業地区が、細かく字が別れている印象が強いです。

是非、お近くの地域で、この様な場所を探してみて、字のコンプリート数を増やしてみて下さいね。

現地での予約ぬりは、あくまで足がかりに過ぎない

私なんかそうなのですが、せっかく歩くんだから、なるべく多く塗りつぶしたいって思っちゃいます。

ですが、実は、それ以上に大事なことがありまして……
とにかく、歩いて『よやくぬり』することで、その地を塗る地盤を作るほうが遥かに大事です。

ある程度の足がかりさえあれば、基本的には『となりぬり』で、コンプリートは可能です。
ですが、実は『となりぬり』には致命的な欠点がありまして……

一定の距離が離れてしまうと、そこには『となりぬり』ができないのです。

例えば、大規模な幹線道路の対岸
例えば、大きな川の対岸

こういうところは、『となりぬり』の範囲から外れてしまいます。
そういう場所は、塗っていくと分かるのですが、陸の孤島と化します。

なので、その辺りのことも考慮に入れつつ、経路を考えていくと、後で少し楽になると思います。

なんでそんな事を書いているのかと言えば……
Screenshot_20181204-232041
この前、テクテクと歩いてきた台場の横にですね……
有明4丁目と言う陸の孤島があるのをさっき発見したからですよ。

多分ですけど、ここは現地に行って足がかりを作らないと、となり塗りは厳しいのではなかろうかと……。
地区の大きさも広大なので、現地に行ってある程度塗ってしまった方が、色々良さそうです。

もしかしたら、なにか別の条件で、航路とかあるかもですけど、私の場合は行ける場所なので
コミケの時にでもシレッと足がかりだけでも作ってこようと思っています。

戦闘力もある程度必要

さて、このゲームのもう一つの要素である戦闘なのですが、こちらも地味に必要になります。
ある程度ランクアップを続けていくと、あるタイミングで、地域のボスが復活してストップがかかります。

このストップした状態では、ランクアップに必要な経験値は蓄積されていくので、
テクテクしたり塗っていくのは無駄になりませんが、肝心のランクアップができません。

なので、ランクアップするためにも、ボスを倒さなければならないのですが……
これが結構強かったりするんですよね。

そんな訳で、一応、バトルの方のレベルも上げつつ、強化していく必要があるのですが
これがまた、色々と手探り状態でして……一応、私が通ってきた感じをざっくりとご紹介します。

◯ とりあえず、序盤は倒せる敵を倒してレベルを上げる

敵は、弱くてもいいので、倒せば経験値は入ります。
挙動が安定しているのであれば、サクサク倒せる弱い敵のほうが楽でしょう。

とりあえず、目標はLV10前後です。

◯ ショップを開放して、武器を買えるようにすると楽になる

このゲーム、防御より攻撃の方が大事な気がします。
って言うか、倒すスピードが上がれば、その分、稼げますからね。

ただ、強敵と戦う場合は、防御力も重要になってきますが……
正直防御力が上がっても、あんまり効果があるように感じないのですよね。
これってどのゲームでも、そこそこ共通の問題になるのですが、何でなのか……。

◯ LV10前後で第4の使徒を倒そう
Screenshot_20181201-201243
ぶっちゃけ、辛いです。

何が辛いって、ひたすらフリックしてATフィールドを抜くのが辛い。
ちなみに、HPを回復する『ライフウォーター』は、使徒から手に入りますので、がぶ飲みして大丈夫です。

何とかプログレッシブナイフの欠片を3つ集めて、
プログレッシブナイフをアイテムドリップから作成しましょう

そうすると、使徒狩りが一気に楽になります。

此処から先は、プレイヤーさんのやり方でどうとでもなると思います。
もっと使徒を狩って、プログレッシブナイフを強化してもいいです。

LV上げを目指して、他の敵を倒していってもいいと思います。

私は、今の所、プログレッシブナイフ+2で、ランク40前後まで来てますので、
そこまでなら、それだけで、どうにかなると思います。

LV15からはクリスタルナイトがおすすめ?

LV15から、クリスタルナイトと言うモンスターが出るようになります。
こやつのモンスタードリップ報酬の中に、クリスタルアーマーと、クリスタルシールドがあります。

頑張れば倒せるレベルですし、防具の強化も大事だとは思うので、
余裕があれば狩ってみても良いかもしれません。

収穫は結構侮れない

ファンタジー化して自分の陣地とした地の中から、黄色く点滅する収穫地が現れることがあります。
最初のうちは、陣地も小さく狭いので、大した事はないのですが……

陣地が増えるに従って、馬鹿にできなくなります。

特にTTPは、数千単位で稼げたりするので、コツコツ収穫するとちょっと足りない時に助かります。

また、素材も出ることが多く、気がついたら素材まみれだったりすることも。
そこから装備を強化して足がかりにしていくのもありかもしれませんが、私はしてませんでした。

ただ、収穫する量が多くなると、勿論、時間も手間もかかるようになるので、
気が向いたときや、必要な時に少しやる程度でいいかと思います。

もし、ランクが上がって、一括収穫とか来たら、凄く助かるんですけどね。

ランク25からサークルが大きくなり始める

Screenshot_20181204-001939
ランク25から、サークルが1mずつ大きくなっています。

これがどこまで広がるのかは、今後進めてみないとわかりませんが、
とりあえず、サークルが広がるという希望があるのが大きいですね。

いつか、もしかしたら、あの場所を塗れるかも知れませんし。

次のリベンジは年末を予定していますので、それまでに、のんびりランクを上げていきたいと思います。

なんだかんだでかなり楽しんでます

やってみて思ったのは、これは、合わない人は本当に駄目だろうなぁと言うことです。

特に、ストーリーとか、クエストとか、形は色々あると思うのですが、
一定のレールを敷いて貰わないとイマイチハマり込めないタイプの人には厳しいかなって思いました。

と言いますのも、とどのつまり、このゲームは、街区を塗るのが大本の目的だからです。
バトルもありますが、それってこのゲームの特色ではないですしね。

だから、「塗ったからどうなの?」って思ってしまう人は、残念ですが合わないと思います。
逆に私みたいに、塗ること自体を楽しめる人は、大丈夫だと思います。

塗ることに個人で意義を見出すのが、本来の目的ですから。
そして、その意義を見出すのは、プレイヤーに委ねられています。

それに私なんか、そんな細かいこと考えてないんですよね。塗るために塗ってるんです(究極
塗って陣地が広がっていくのが楽しいだけです。

そして明日はどこを歩こうかなーとか、普通に考えてます。

そんな感じで、何か生活にちょっとしたアクセントの欲しい人は試して見る価値あるかもです。

気になっている方は、是非、この世界に触れてみて下さい。
もしかしたら、何か違ったことがあるかもしれませんよ?

今回の記事は以上になります。
お読み頂き、ありがとうございました。

※本記事の画像は、 以下の権利者より引用させて頂きました。
問題のある場合は、削除致しますので、ご連絡下さい。 
©DWANGO Co., Ltd.