皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

最近、上記タイトルである《MHF-Z》(モンスターハンターフロンティアゼット)に、復帰しました。
モンスターハンター、略してモンハン。
ゲームを好きな人ならば、一度くらいは聞いた事があるのでは無いでしょうか?

実際、読者様の中には、携帯機等で、楽しまれている方も多いかと思います。
そんな有名タイトルのオンラインゲーム版が、このMHF-Zになります。
mhf 2017-08-03 06-11-41-740
このシリーズは、歴史が長く、PS時代から脈々と進化し続け、今に至ります。
聴くところによれば、このゲームは、今年で10周年とか。うーむ、凄いですね。
狩ゲーと言う地位を確立し、ゲームの歴史を紡いできた、老舗のゲームです。

本作品は、狩ゲーと名のつく通り……
基本、狩りと装備の生産を目的とするゲームなので、アクション性の高い物となっております。
対抗できるゲームは余り思い付きませんが、ゴッドイーターシリーズは、同じ様な路線でしょうか。

と言っても、このブログを見て下さっている方ならお分かりかと思いますが……
基本、私は、適当で面倒臭がりなので、プレイヤースキル(以下PS)はお察しの通りです。
と言うか、ぶっちゃけド下手です。

そんな私が、このゲームをご紹介するのもどうかと思わないでもないのですが……
探してみると、初心者の為の記事や、ロマンを求めた記事が少ないんですよね。

なので、今日は、折角、復帰したのですから、このゲームのご紹介とか、
私なりの緩い視点で、やってみたいと思います。

※注意
書いているうちに、何故か、大半が愚痴になりました。
自分が思っていた以上に、このゲームに対する不満が鬱積していたようです。
あまり、生産的な記事ではありませんので、覚悟してお進みください。


ここが駄目だよ、MHF-Z

と言いつつ、のっけから、否定的ですいません……。

いや、もう、最初にちゃんと言っておかないと、騙された!って思う事、間違い無しなので。

えっと、正直に言いますね。
私、個人の意見としては、このゲームをやるのは、あまりお勧めしません

いやいや、じゃあ何で記事書くの!?とか、思われるかもしれませんが、そこは、それ。
何となく、書きたくなったからですし、良い所もあるんですけど。

ですが、これだけは、ハッキリと言えます。

このゲーム、確実に、万人受けしない……と言うか、そもそも
システム的についてこられる人が凄く少ないゲームなのです。

何が何だか分からないシステム群と名称

MHF-Zと聞いて、私が真っ先に思いつくのがコレ。
一応、私は、このゲームをサービス開始当初から、引退と復帰を繰り返しつつ、10年間、ボチボチとやってきました。

その私が言うのも何ですけど、もう、致命的なまでにシステムが不親切で分かりづらいです。

UI(画面表示の事ね)が不親切とか、そう言うレベルじゃないんです。

操作がそもそも、解説が探しづらく分かり辛い。
システム設定項目が、非常に分かりづらい。
辿異種? 剛種? 覇種?? なにそれ?
そもそも、素材と武器防具が膨大過ぎて、何が作れるのかすらわからない
だから、作りたい物がどこで作れるかも、分かり難い。
BOX内にあるアイテムが探しづらいって言うか、探すの無理。
素材の名前もごちゃごちゃで、正直、把握しきれないです。

兎に角、全てが不親切。
アイテムやシステムをどんどん片っ端から増やしたので、収集付かなくなってます。

と言うか、公式HPで必要な情報がどこにあるのかすら、分かり辛い

これね、全部、運営しか解決できない問題なんですよ。
ですが、これがまた、開始当初から、致命的に変わらないのです。

このゲームの歴史は相当古く、積み上げて来た物が膨大なのは分かります。
ですが、ほったらかしにして良い理由にはなりませんし、運営・ユーザがお互いに損をします。

運営様? せめて全てに検索機能くらいは、つけましょ?
必要な素材・武器防具を探す事すら躊躇うあの見辛さは、初心者を突き放す様な物です。

という訳で、知りたい事は、全部自分で調べていく前のめりな情報収集能力
「ま、別に知らなくても良いか」と諦める寛容さが求められます。

だから、それらが出来ない方は、このゲームやらない方が良いです。
ちなみに、私は調べる事を放棄した側の人間です。分からない事は切り捨てて、分かる部分だけで楽しんでおります。

初心者に全く優しくない難易度


これまた、初心者を突き放してしまう、要因の最たるものです。

あれは、忘れもしません。サービスから間もない、まだ初めて数日と言う時。

せっせとドスランポスやら、ドスファンゴやらを狩り、装備を強化して、
よし、ちょっと強くなった!と自己満足と実感を満喫していた時期でした。

ついに、クック先生(イャンクック)との初対面を果たしたのです。

携帯機では、そこそこに楽しんでいた腕だったので、既に御馴染みのモンスター。
まだ、レイアやレウスに挑むには厳しそうでしたが、クック先生なら、余裕でしょう!

そう思って戦闘を開始し……

僅か一触れ……チョンとされただけで死にました。

え? ちょ!? 何で!?

と、呆然としたのを今でも、鮮明に覚えております。
今でこそ、そこまで極端な事にはならないと思いますが……このMHF-Z。

そう言うゲームです。

あくまで下手な私の視点ではありますが……
凄く唐突に、そして不条理なまでにあっけなく殺されます

携帯機の感覚で、「俺なら余裕だぜー」とか舐めた気持ちで来ると、ぼっきりと心を折られます。
その位、初心者に優しくない世界だと思って下さい。

ちなみに、その傾向は、難易度が上がる程、酷くなる傾向にあります。
一発食らって、死亡とか日常茶飯事です。即死攻撃連発とか、普通です。

死にたくなかったら全部避けろ! みたいな戦闘になる事も多いです。

まぁ、そんな訳で、もし、それでも良いと言うドM気質のある方は……
どんだけ殺されても泣かない程度の覚悟は持って飛び込んで下さい。

そんな難易度なので、ソロで素材集めをするのが、かなり厳しいです。
狩人応援コース(狩りコ)【72時間 3000円】というブースト課金があるのですが……
これがあって、漸く、ソロで何とか回れるかな? 位のマゾさです。

正直、私の様なライトゲーマーには厳しい。
携帯機の場合は、ソロでチマチマと素材集めが出来ました。
友人とやる時に少しでも楽にする為、もしくは、自慢する為に武器防具の強化を繰り返し、
それが一種のモチベーションになっていたと思うのですが……
本作はそれが、出来ないので、自然と足が遠のく結果となっております。

ソロで素材を気軽に集められる環境が無い

これは、本当に厳しいです。新人さんが定着しない、一番の原因かと思います。

古臭い基本システムと満足感の薄い課金体制


巷にオンラインゲームが溢れる様になり、幾星霜。
今や、掌の中で、手軽にゲームを楽しめる時代となりました。

そして、それに伴って、無料とはとても思えない程、質の良いゲームが乱立し、日夜、切磋琢磨しているのが昨今のゲーム事情かと思います。

その時代に逆行し、挑戦しているような課金体制が、このゲームの月額課金システムです。

とは言え、無料が正義とは申しません。月額課金にもメリットはあります。
一度払えば、それ以上かからないと言う、素敵なメリットです。
特に、ガチャ系の運要素に依存するシステムは、課金額が膨大になりがちで、それらと比べれば、月額課金は、払いきりな為、安心感とお得感はあります。

ですが、それは、顧客満足度を得られていれば、と言う前提に立つものです。
ぶっちゃけますけど、昨今のゲーム事情を見る限りにおいて、このゲームは割高に感じます

この程度のゲーム内容で、月1400円は、私にとっては満足できるものではありません。
便利に使おうと思えば、更に600円必要なので、実質、月2000円です。

この辺りは、個々人の感性があるので、一概には言えませんが……
私には高すぎる……と思えてしまいます。

また、ゲームシステムについても、ちょっと時代遅れかなと。
と言いますのも、このゲームは狩ゲーと言う名の、素材集め系です。
なので、やる事は基本、モンスターを狩る事です。

色々と、イベント等も開催され、運営も努力していますが、目新しい物はありません。

結局、やる事は、狩る事が主軸となる為です。
ならば、狩る事を主軸としつつ、進化していけば良いのでしょうが、いかせん問題があります。

このゲーム、1度の狩り中、パーティ全体で3回死亡したら強制終了なのです。
これは、モンハンの昔からのシステムなので、馴染みのある人も多いかと思います。

これが、実は私的には、盛大な足かせになってます。

と言いますのも、このゲームのコンセプトがそもそも、
私の求める楽しみ方と、時代背景にあってないと感じてしまうからです。

昔はまだ、こういう狩りゲーがなく、それが当たり前で、選択肢も無かったので、純粋に楽しめました。

ですが、それも、時間のあり選択肢のなかった子供の時の話です。

今や、仕事に追われる一社会人であり、おっさんである私です。
そんな立場の私が、ゲームに求めるものは、癒しであったり、爽快感であったり、そう言ったプラスの方向に働く充実感の様な物だったりします。
そりゃ、リアルで大変な事ばかりなんですから、せめてゲーム内では、と思うのが正直な気持ちでは無いでしょうか?

そんな癒しは、仲間との狩りで良く得られるものなのですが、ここで先のシステムが邪魔をします。
私が余裕で3乙(三回死んでしまう事)すれば、即、クエスト失敗で仲間に迷惑が掛かるのです。
全体で3回と言う所が、本当に厳しい所。
※最近実装された、『狩煉道』は、このシステムを撤廃し、自分自身のみがドロップアウトする形なので、少し気が楽になりました。

一乙しただけでも、罪悪感は半端ないです。他の人が死ねる機会が1つ減る訳ですから。
それで、クエスト失敗しようものなら、その喪失感と罪悪感は増すばかりです。
勿論、私の仲間たちは、本当に優しい方ばかりで、誰も責めませんし、次頑張ろうと激励すらしてくれます。
ですけど、だからと言って、罪悪感がなくなるかと言えば、そんな訳も無いです。

ですから、私の様なヘタレは、皆さんと一緒に楽しむために、何とか死なないよう練習したりとする訳ですが……一人でやるとですね、心が折れるんです。
先に書いたように、このゲームは、(私にとって)非常に難易度が高いです。

新しいモンスターなどは、動きを覚え、倒せるようになるまで、何度も何度も死にますし、1戦闘で50分フル間近とか、当たり前ですし、時間も気力も必要です。
そんな戦闘を楽しめれば良いのですが、初見クラスは基本的に、ボッコボコにされるので、どうしても爽快感とはかけ離れた状況になるのです。

で、そんな戦いを何度もしていると、脳裏に過るんですよ。
何でゲームに来てまで、辛い作業をしなくてはならんのだ?と。

誰でも、このゲームをしていれば一度は思う事かと思います。
けど、そう言うゲームなんですよね。これ。

このゲームは、自分のプレイヤースキルを上げて行く事で、満足感を得るタイプなのです。
ですが、その方法が、昔ながらの完全にユーザーに丸投げ方式なんですよね。
こう、運営側の用意した試練を突破できるものだけ、楽しめば良いみたいな感じすら受けます。

それがダメとは言いません。
事実、それらを突破し、這い上がって来る猛者たちも多く、その経験が自負となり、自信に繋がる事もあるでしょう。

ですが、恐らく、多くのプレイヤーは、ただ、狩りを楽しみたいだけです。
苦難を求めている訳ではないんですよね……。

これがまた、上手くなるための練習とか出来ればいいんですけど、そんな場はないです。
何をどうすればいいのか、誰も教えてくれません

システム的に、ハンターのプレイヤースキルを磨く場を用意しないと、新規は定着できませんよ。
死んで覚えろ! 気合と根性で、適応するんだ! とか、どこの昭和ですか。

周りを見渡せば、他に魅力的なゲームが溢れているのです。
という訳で、まぁ、そんな不親切なゲーム、見切られて当然でしょう。

また難易度の調整方法は、幾らでもある気がするんですよ。
辿異種の様な、レベル別で分けるのもありでしょうし。
ただ、難易度が全て歴戦の勇者(笑)向けに作られている所が、頭おかしいバランス悪いんですよね。

ここら辺が、時代のニーズとかけ離れている最たる所かと。

下手なら辞めれば良いんじゃない? と思われる方もいるでしょうが、そこがまた難しい所です。
何だかんだで、狩りは面白いんですよね。バランス悪すぎるだけで。

一人でやっている時なら、ちょっと飽きれば即、休止でした。
そうして、時々、無性にやりたくなって1年に1カ月だけ復帰と言う感じを繰り返していました。

ちなみに、私は、一人の場合、ほぼ、新モンスターの狩りには行きません。
特にここ最近の敵は、基本、強すぎる上に、硬すぎて時間内に狩れないからです。

状況が変化したのは、心を開ける仲間に出会えたからでしょうか。
そんな仲間達は、私が死んでも笑って許してくれますが、私の性分が自分を許せません。
全く持って、自分自身の性分も含め、面倒だとは思いますが、こういう人は少なからずいると思います。
手軽に狩りたい私の様な人にとって、今の3乙システムは、邪魔にしかならないのです。
報酬が自分だけ減るとか、自分で責任を負えるシステムなら、気軽に行けるんですけどね。

 〇 やるなら仲間を探そう

さて、そんな過酷な世界ですから、ソロで何でもやるのは、お勧めしません。
そんな世界の教導役を担っているのが、先輩ハンターさんだったりします。
素材集めも、分からない事も、全部、先輩ハンターさんに聞いて導いてもらった方が良いです。

特に、ハンターランク(HR)からG級に上がるのには、ソロで全部やると
装備の更新も含め、苦労するでしょう。

だから、頼りになるフレンドだったり先輩ハンターさんが居ないと、厳しいです。
って言うか、普通の感性なら苦行にしかなりません。そう言うレベルです。

試験になっているモンスター達が、嫌がらせのレベルで強く、面倒なので……。
ソロでやっていくつもりなら、私の様に、切り捨てながらやりましょう。

というか、一人で頑張れるバイタリティのある方は、こんなゲームやってないでリアルで発揮した方が良いです。
その位、不毛なほど労力を消費するゲームだと念を押しておきます。

ここが素敵だ、MHF-Z

さて、散々、ディスっておきましたので、ここから先は、良い所をご紹介します。
酷くののしりましたが、このゲームならではの良い所も沢山あるんです。

多彩で質の良いアクションとよく動くモンスター

これは、このゲーム一番の売りになるかと思います。

狩りゲーと言うだけあって、モンスターも、そしてプレイヤーであるハンターも、動きが多彩です。
特にモンスターの挙動は、見ていて楽しいですし、ちゃんとヒントにもなる様な、予備動作もが作り込まれている種も多いです。
mhf_20170729_091327_943
当たり判定や、回避の挙動等、良く作られておりますが、反面、粗のあるモンスターが居るのも事実です。
基本的に、アクションゲームにしては、もっさりとした動きな為、モンスターの挙動を見ながら、後出してこちらが動くと言う形になりがちです。
逆に言えば、慣れてくれば、挙動を観察するだけで、どんな動きをするかある程度分かるようになるので、瞬発力等は必要ありません。老いたおっさんには、そこがありがたい仕様ではあります。

また、携帯機と比べて、ハンターの攻撃方法が多彩です。
いえ、正確に言えば、攻撃していて楽しい物が多いです。

最近流行の立体軌道は、穿龍棍位しかありませんが、それを補って余りある魅力にあふれています。

 〇 フレーム回避とその楽しさ

このゲームの楽しさの半分くらいは、フレーム回避が担っていると言っても良いです。
このフレーム回避とは、モンスターの攻撃を一瞬の無敵時間ですり抜ける事です。

回避には、ある程度の種類があるのですが、細かい事は別の記事で詳しく解説したいと思います。

このフレーム回避を、当たり前のように出せるようになると、このゲームの面白さが分かって来ると思います。
ですが、その楽しさを体感できる様になるには、他の人の動きを参考に練習して、自分で感覚を身につけるしか無いんです。

勿論、ゲーム内でそのような練習ができるシステムはありませんし、私にとっては、理解したから出来るほどすぐ簡単なものでもないです。
ある程度のパターンを繰り返し練習し、少しずつ上手くなっていく実感を得る。
それが、このゲームの醍醐味なのですが、それはゲーム内では示されないのです。

極みの型・そして浪漫の宝庫


このZになって、実装された『極みの型』が凄く良いです。
今迄、鈍重で重々しい感じだったモンハンの戦闘が、一気に華やかになりました。

特に、極みの型で使えるようになる抜刀ダッシュが、素晴らしい。
攻撃から移動へと移れるようになったので、戦略の幅が格段に広がりました。

同時に、武器種の住み分けが進み、個性を出せる様になりました。

 〇 私にとってはロマンが全て

ちなみに、私は、ガンランスを使う、通称ガンサーです。

で、このガンランス。私は愛してやまないのですが……
まぁ、このMHF-Zと言うゲームの中では、凄く弱い武器種に上げられます。

最弱とか不遇とか良く聞きます。

かなり前にお世話になった猟団で、私がガンランス一本で戦っていると言うと、
『なんでそんな武器を使っているんだ?』と馬鹿にされ挙句の果てには、
『他の武器種にした方が討伐が楽になるから変えるべき』、と熱心に穿龍棍を進められた事かある位に、弱いらしいです。
実際、その猟団では、一度一緒に行ったあと、狩りに誘われる事は無かったです。
下手なうえに、弱すぎて効率が悪いという事だったのかと。寂しい。

まぁ、私は、この武器とヘビィしか使わないので、違いが分からないんですが。
確かに、時間もかかるし、1匹狩るのもやっとこさなので、弱いのでしょうか。

スキル構成やらも超適当なので、それも弱さに拍車をかけているのでしょうかね。
いや、だってスキル構成とか考えるの面倒……
真面目に一生懸命、モンハンやっている人から見ると、馬鹿にしていると思われても仕方ないかもです。

で、そんな弱いガンランスを、私が何故使っているかと言えば、勿論、楽しいからです。
効率も大事ですが、私は、自分が使っていて楽しい武器を使いたいのです。
適当にぶっ放して、ちょっと悦に浸れれば、私はそれでいい人なので、ずっと使ってます。

そんなガンランスの最大の特徴と言えば、勿論……

竜撃砲

これですよ。これ。
もう、これがロマンの塊りなんですよね。

チャージ時間を必要とするその仕様。伸びる陽炎。
そして、爆発! 更に、ズサる(撃った反動で後退する)のもカッコいい!
正に、厨二要素を凝縮した、ロマン武器です。
そして、このMHF-Zは、更にその上があります!

爆竜轟砲
mhf_kukku_11
チャージ中に、薬莢を装填して、更に爆発力を上げる技です。
装填時の音とアクションがまた良いですし、更にチャージする時の音が燃える。
轟音とともに、爆風が広がります。ですが、威力はそこそこしかありません。

極竜滅砲

極の型では、更にその先があります。
これこそ、真の竜撃砲と言わんがばかりの、派手さ。
長射程、広範囲、高威力の一撃必殺攻撃です。
ズサり方が半端なく、ハンター3人分くらい下がります。
地から響くような反響音も素晴らしいです。

まぁ、ぶっちゃけ、私がこのゲームをやっている8割くらいの理由は、この竜撃砲祭りの出来るガンランスを使いたいからです。
これ知っちゃったら、他のシリーズとかできませんよ。
他のシリーズの竜撃砲は、しょぼいですもん。

威力がどうなのかはわかりませんが、滅砲を当てられれば、そこそこのダメージは稼げるようです。
G級初期クラスであれば、仰け反らせる事も可能ですし、撃っている感じは格段によくなりました。

ただ、極の型以前の爆竜クラスでは、のけぞりすらしませんし、当ててる実感も薄く、弱いと言われても仕方ないです。

 〇 もう一つのロマン ヘビィボウガン

実は、MHF-Zでは、ヘビィボウガンもロマンを持っております。
他のシリーズでは知りません。

そんなヘビィボウガンのロマンと言えば、これ。

排熱噴射機構

炎をレーザーの様に打ち出すのは、正にロマン!!
撃つために熱を溜めて行かなければならない仕様もナイスです。
撃つたびに威力が上がっていくと同時に、レーザーも太くなっていくのも素敵な所。
だけど、残念なことに、威力は泣けるほど弱いです。

砲熱照射

極みの型で追加された、新たなロマンです。サテライトキャノン的な。
これがまた、超ド派手な極太レーザーでして、もう撃ってるだけでテンション上がります。
滅砲と同じように、ズサるのもポイントです!
ただ、派手過ぎて、他の人の視界を塗りつぶします。
一応、許可を取ってから撃ちましょう……。

更に素敵な事に、この二つの機構は、共存できる所が嬉しい所。
その分、素の攻撃力は落ちますが、私はこの2つを撃つために、ヘビィ担いでいるような物なので、問題ありません。

例の如く、効率? 何それ? 美味しいの? 状態です。

私の狩りは、ロマンに始まりロマンに終わります。
このゲームをやっているのも、それを求めているだけという事です。

何だかんだで抗いがたい魅力はある

という訳でして、仲間と共に狩りが出来るというのは、本当に楽しいです。
狩りの合間にチャットで盛りあがるもよし。

慣れてくればちょっとしたアイコンタクトで、連携できるようになったりと、充実感もあります。
それも、やっぱり仲間が居ればこそなんですよね。

砲熱クロスファイアーとか、滅砲3連撃とか胸熱ですよ。

逆に、ソロでやる場合は、本当にストイックに、修行僧の様な忍耐力を求められます。
ひたすら黙々と狩り続けると、その内、悟りが開けそうになるレベルです。
最終的には、なんの為に狩っていたのか……分からなくなります(割とマジで)。
そうだった、狩る為に狩っているんだ……と、目的と手段が入れ替わる本末転倒な状況に陥ります。(辿異ヒプとか)

そういう苦行も、楽しみの一つに出来るドMな方なら、楽しめるかもしれません。
ですが、強さを求め始めると、底なし沼にはまります。ご注意を。

それも一つの楽しみ方なので、否定はしませんが、私には無理です。
ぶっ放して、ひゃほおぉお!ってしたいだけなので、根本的に求めている物が違います。

上手くはなりたいですが、それは、乙して他の人に迷惑かけたくないのと、
攻撃を華麗に躱す自分にちょっと陶酔したいだけです。
(今の躱し方、私、超カッコよくない!?的な)

強さはあまり必要ない方向性なので、そんな感じに落ち着いて楽しんでます。

そんな感じで、尖った方向性ではありますが、良い意味で捉えれば、
古い時代の楽しみを今なお受け継ぐ希少なゲームと言えるでしょう。

そんな本作品に、もし、ちょっと興味が出てしまった方がいらっしゃいましたら、
まぁ、体験するだけならタダなので、試してみるのも良いかもしれません。

PC版は、インストールから設定まで、苦労すること必至でしょうが……(遠い目)
かなりの高確率でセキュリティソフトに邪魔されますので、
インストール・アップデートの際はセキュリティソフトを完全に落しましょう
PS4版なら、多少楽だと思います。持ってないので分かりませんが。

一応、ハンターランク帯は無料なので、どういうゲームか体験する事は可能です。

ですが、最初に書いた通り、私は、このゲームを胸を張ってお勧めはできません
ましてや、コンテンツの肝の殆どが課金必須のG級からなので、その辺りもお覚悟を。

それでも、やったるで! と思われたドMな方は、少しでもこの世界を楽しんで頂ければ嬉しいです。

以上、お読み頂きありがとうございました。

※上記の画像は、以下の権利者より引用させて頂きました。
問題のある場合は、削除いたしますので、お手数ですがご連絡ください。
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.