皆さま、こんばんは。
このような辺境まで、お越し頂き、ありがとうございます。

実は、もう、書くのはやめて置こうと思ったのですが……

題名の通り、この第3・4話の
CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』が
もの凄い勢いで、終了致しました。
これは原作を見た私からしても、かなりの駆け足だと感じまして。

勿論、最低限の説明はあるので、ちゃんと見れば、大筋はわかる様にはなっています。
ですが、アニメ組の皆様は、頭の中に「???」の嵐が吹き荒れているの方も多そうだなぁと。
murase02_071401
折角、ここまで見てくれているのに、大事な所が理解できずに、通り過ぎてしまうのも
非情に勿体ないと思いますので、最低限、必要な部分を私なりに解説したいと思います。 

ちなみに、前回までの解説は、こちらになります。

基本紹介
中学生編①
 
まだの方は、こちらも併せてどうぞ。 

結局、このアニメなんなの?

個々人で、アニメの楽しみ方は変わると思うので、
『どうぞご自由に』と言うのが、普通だと思いますが……

何故か、前述のように、取っ掛かりがつかめないと嘆く方も
一定数ではありますが、散在しておりました。

個人的には、『分からなくて良いんじゃない?』
むしろ、『分からない事を楽しめば良い』かと思わなくも無いのですが、
それが辛いと言う方が一定数いらっしゃるのも、確かな事のようです。

そこで一応、私なりの見どころを書いておきます。参考になれば幸いです。

まず、大前提として、これはあくまで私の感想になりますが……

この物語は、前から繰り返している通り、3人の青春群像劇です。
こちらについては、以前の記事に軽く書いておりますので、宜しければどうぞ。

特に4話を見ると勘違いしそうですが、異能バトル物ではありません
あれは、特別だと思って良いかと思います。

あの状況は、本当に運の悪い事に、
厨二病を拗らせた村瀬さんが、
ヤバい能力を持っていたが故に起こった、悲劇です。

なのでミステリー調は続きますが、本筋はあくまで、
青春群像劇だと思った方が良いと思います。

その大筋を抑えた上で、以下の二つの事を気に留めてみると、
少しは見るのが楽になるかもしれません。

〇 前半(第一期?)は失った過去を取り戻そうとする二人の話

失った過去、それは、勿論、『相馬菫』の事です。

第1・2話で、語られている通り、
『浅井ケイ』と『春埼美空』の心に大きく影を落とした彼女の死。
それを何とかして覆したい。それが、彼らの共通の目的です。

彼らの行動目標は、常にそこに向いています
大筋は、それだけ分かっていれば、良いと思います。

〇 変わって行く二人と変わらない二人

第1・2話と比べて、彼らも随分変わりました。
特に分かり易いのが、春埼の変化ですよね。

感情が大分、表に出る様になりました。
ケイの気を引くために、色々とやってみたり……
haruki01
haruki02

ちょっと嫉妬して見たり……
haruki03
こういう、彼らの変化が、この作品の醍醐味の一つです。
是非、これからも、変わって行く彼らを楽しんで下さいね。


一方で変わらない事もあります。

一つは、浅井ケイと春埼の関係性です。
第2話で、ケイが言った通り、彼らは依然として、リセットを共有する関係性です。

見て分かると思いますが……
春埼は、それなりにアプローチをかけています
ですが、肝心のケイが、要所は抑えつつも、
大事な所で一歩引いて避けているのが、物語を通して感じられるかと思います。
day03_071502

もう一つは、浅井ケイの根っこにある物です。
こちらは、後ほど詳しく説明します。
アニメだけの描写だと分かり難いと思いますが……

第1・2話から、一貫して、彼はに拘っております。
勿論、それは自分が一方的に望む、いわゆる独善でありますが……

後ほど書きますが、野ノ尾盛夏との電話で彼が言っていた、
神になりたいと言う一見すると、危ない人みたいな言動も、
それを如実に表しています。

皆を幸せにしたいと思う、凶悪なまでの善性は、始終一貫しているんです。

村瀬陽香の行動とその意味

第3・4話の主人公と言っても良い程、大事な役柄だった彼女について
能力も含め、少し説明したいと思います。

〇 村瀬陽香の能力

彼女の持つ能力は、『物を消す』能力です。

※以下、公式より抜粋です。

触れる事で『物を消す』能力を持っている。
能力を使う前に「消したい物」と「触れる体の部位」をコールする。
例えば「右手、石」とコールすれば、自分の右手で触れた石はすべて消える。
同時に何種類もコールできる
ただし効果時間は5分間
5分経つと、消えていた物は元に戻る


ここで、恐ろしいのは、消す物は物質に限らないと言う所ですね。
今回の場合は、『全身 能力』とコールする事で、春埼の『リセット』を無効化しました。
murase02_071501

〇 村瀬陽香の狙い

最初に2人に接触してきたのは、
猫を生き返らせて欲しいと言う依頼の為でした。

これは、リセット能力を、
彼女の能力で本当に打ち消せるかを試す為に依頼した……
と言う側面があります。

但し、彼女がリセット能力を打ち消せるかどうかを確認するには、
リセットを使うタイミングを知る必要があります。

村瀬の能力は5分しか効果が無いので、
常に能力を無効化し続けるのは、現実的ではないからです。
murase02_071202
ですから、依頼を通して、二人を尾行しつつ、リセットを使うタイミングを計り、
見事確証を得た……と言うのが、最初のリセットシーンな訳ですね。

ですが、実は、猫を助けたかったというのも本音です。
だからこそ、彼女はリセットされたら即、猫を保護しに行きました。
これは、4話最後でケイに確認されていましたね。
murase03_071601
実は彼女、とても優しい子なんです。
そして、心が弱いが故に、常に虚勢を張っているんですね。
全く、何て面倒な……。
day02_071402

〇 村瀬陽香と津島の関係性

4話終盤から情報が出ますが、村瀬を説得し見守り続けたのが津島です。
第一話よりずっと登場している津島は、浅井ケイ達とも腐れ縁ですが、
管理局の一員として、村瀬とも関係性がありました。

作中で語られていた通り、村瀬は兄を交通事故で亡くしております。
管理局は、能力に関しての事件には敏感に反応しますが、その他には無干渉です。

作中、直接的な描写はありませんが、多くの情報を村瀬は津島より得ています
マクガフィンの一連の情報は、津島がリークしています。

手に入れれば咲良田の全ての能力を手に入れることができる。
端から嘘くさいですし、それは津島も態度で示しています。
しかし、管理局にクーデターをしかけたい村瀬には格好の餌ですよね。

見かけは、ただの小石2年前から噂が流れ始めた
職員室に管理する等、全く真剣味を感じません
簡単に盗ませますし。

結局のところ、マクガフィンを上手く使って、
大人の賢しさで、村瀬をケイに押し付けたわけですね。

津島は、村瀬を厚生させる為、今回、浅井ケイを上手く使うことにしました。
今回の一連の騒動には、逐一、見えない津島の思惑が絡んでいたんですね。

ちなみに、このマクガフィン……
今回の情報で、ある人物が思いつけば、この先見るのが楽しいでしょう。

2年前、小石……。勘の良い方は、もうお分かりですよね?
もし、わからない方は、EDを見て下さいね。答えがありますので。

第3・4話一連の流れ

こちらは、時系列に並べて相関図で説明した方が早いので、そちらで。
相変わらずしょぼい相関図で申し訳ございませんが、こちらをご覧ください。
jikeiretu01
こちらが、第3話と第4話前半部、リセットするまでになります。

細かい所は、こちらの図で、補完していただくとして、大事な点は以下の事です。

◯村瀬のリセット無効化について

最初のリセットを、彼女は無効化しました。
その結果、彼女は、リセット後、神社に留まることになります。
murase02_071203
こちらの記事でも書きましたが、春埼のリセット能力は、時間逆行ではなく、再配置です。
世界が全て、過去の状態に再配置されますが、彼女がリセット能力を無効化した場合、
リセット前の場所に留まり続ける事になります。

そして、その後、彼女が取った行動は、まず、猫の保護。
murase02_071205
その次に、マクガフィン探し。
その為に、非通知くんを襲撃すると言う経緯を辿ったことで、
飢えた非通知くんに皆実が殺されるという悲劇(?)が起きます。

リセットして24時間以内はセーブ出来ない為、この行動は確定してしまうので、
非通知君襲撃を防ぐ事はできませんでした。

さて、問題の二回目のリセットなのですが、こちらはある重要な設定が効いてきます。

能力は本人が心から望まないと発現しない

これが、色々な場面で重要になるので、覚えておいて下さい。

今回、ケイも指摘していましたが、二回目のリセットの際、彼女は、確かに
『全身 能力』と呟き、リセットを打ち消そうとしていました。
murase02_071501
ですが、皆実さんを間接的にとは言え、殺してしまったという負い目がある事から、
彼女は、リセットを打ち消すことを心からは願えなかったのです。

言い換えれば、人を殺してしまったと言う、
そんな嫌なことは忘れてしまいたかったのですね。

その結果、彼女の能力は発現せず、リセットされました

では、更に第4話後半の流れだけ、簡単に説明します。
下の段が、4話後半部分です。
jikeiretu02
既に村瀬は、非通知君を襲撃した後なので、直ぐに津島に対応してもらい、
事なきを得る形になっています。

また、併せて、村瀬への対応をお願いしたことで、津島が更に踏み込みました。
マクガフィンを盗ませることで、ケイに村瀬を任せる形を作ったのですね。
大人ずるい。

◯皆実未来の想い
day02_071501
いきなり幽霊になって視聴者の度肝を抜いた皆実さんですが、
彼女の思いは分かりにくいので、補足しておきます。

作中、死んだ割には、テンションの高かった彼女。
minami01
悲壮感も無いので、見過ごされがちなのですが、それは彼女の想いのせいです。

咲良田の人々は、能力を持っていますが、全員ではありません。
中には、能力を自覚できないままの人も多いのです。

皆実さんですが、そんな能力に対して強く憧れております。
U研(未確認研究会)とかに所属するくらいですから、その想いは強烈です。

だから、彼女は、自分が能力を持っていると知って、浮かれていたわけですね。
その気持ちを知った上で、彼女の行動を考えると、腑に落ちます。

3回目の7月14~15日の間で、マクガフィンが盗まれるのですが、
もちろん、盗んだのは皆実さんです。

彼女は、咲良田の能力の全てを手に入れることが出来るという
噂のマクガフィンに、強く憧れました。

手に入れれば、自分も凄い能力者になれるかもしれない
そういう思いが、強かったからでしょうね。

それは、彼女の能力が、
死んだ後情報を保持し続ける能力(幽霊になる能力)と言う、
なんとも微妙な物だと知ってしまったのも、原因かもしれません。

だから、その気持ちを知った上で、
村瀬さんと対峙した時の彼女の言葉を聞くと、強く印象に残ります。
minami02
特別な能力。彼女の言葉が、重くのしかかります。

普通の人と狂った人の戦い

さて、村瀬の願いは、管理局を乗っ取る事。

まぁ、現実的ではありませんし、この発想が既に厨二病特有の状況な訳です。
ですが、思春期真っ盛りを経験した人なら誰でも
多かれ少なかれ、社会に対する反発心は覚えたと思います。

そこに、何でもできちゃいそうな、強い能力を手に入れちゃって、有頂天!!
と言うのが、この話での村瀬の行動原理だと思われます。

ちょっと残念な方向にいってますが、
この子も黒歴史を背負う一人という訳ですね。

そういう意味で、かなり痛くはありますけど、
一応、まだ普通の人と言えば普通の範疇です。
 
それに対しての、浅井ケイです。

一見すると、常識人のように見えて、
いざと言う時にやっている事が、何と言うか、普通じゃない
これは、第1・2話でも、その傾向が垣間見えていたと思います。
kei00
今回の映像は、中々にショッキングなので敢えて載せませんが、
彼は、自ら村瀬の能力に突っ込み、頭を貫かれて死亡しました。

度胸があると感じる方もいらっしゃるかと思いますが、私の感想はちょっと違います。

彼の根っこの部分を理解していれば、
この行動は、ある意味で必然であると言わざるを得ません。

〇ケイは死んだの?

村瀬の能力は、5分で効果が切れ、消された物は、元に戻ります。
その辺りは、分かり難いですが、アニメでも描写されています。

では、ケイは死んだのでしょうか?
元に戻るなら死なないのでは? と思うかもしれませんが……

結論から言えば、彼は死にました。
まぁ、理由は簡単で、機能不全と失血死ですね。

あと、この能力で無くなった部分から千切れてしまった場合も、元には戻りません。

消えた部分がそのまま戻るだけなので、5分でも頭の一部がなくなれば、
血も失いますし、血管も断面から普通に空気で損傷。
脳の機能も傷付き停止するので、そりゃ死にますやね。

という訳で、あの時、ケイは普通に死にました
 
〇何でケイはあんな事をしたのか?
 
理由は単純で、村瀬の心を完膚なきまでに折るためです。
day03_071304
彼は、今迄の経緯から、村瀬の事を、本当は心が弱く優しい子と見抜いていました。
これらは、全て、河原での一連の流れで確認できます。

ですから、彼女が本当は人を殺す度胸も覚悟も無いと知っています。

彼女の弱みと言っても良い場所を、最小の被害で的確に突いて来た訳ですね。
そこで、自分の命を投げうててしまう所が、ケイのケイらしい所です。

さて、この場面を見て、このケイの行動を、気持ち悪い
或いは、むかつくと思った方もいるかと思います。 

私は、それで正常だと思います。普通は、そうです。

なんなんだ!? こいつ、狂ってやがる!?


そう思う気持ちも理解できます。
実際、私も、彼は綺麗に狂っていると思います。

では、そんな狂った彼の行動原理は何だったのでしょうか?

そこを知っていると、少し腑に落ちる事もあるかもしれませんので、考えてみます。
 
野ノ尾さんとの、電話の会話で、彼はこんな事を言っています。

僕は、神様になりたい。
いちいち人に試練を与えたりしない、人間不信じゃない神様に。
お腹が空いている人にはパンをあげて、哀しんでいる人は幸せにする。
木になった貴女と猫のために、遠くの空に虹をかけても良い。

これを聞いて、私は、なんて綺麗で優しい世界なんだろうと思いました。
そして、同時に、こうも思いました。

なんて、寂しい世界なんだろうと。
この言葉に、ケイの根っこの部分がよく現れています。

また、河原での対決を前に、ケイは野ノ尾さんの所へ、たこ焼きを持って行きます。

何をしに来たんだ?君は。
木に登ろうと思って。明日僕は、酷いことをするから。
嫌ならやめればいい。
そういう訳にもいかないんです。実はあんまり罪悪感もありません。
それで?
ただ高い所に登りたくなったんです。遠くを見るために。
素直に辛いと言えば良いのに。
大分、素直に言ってるつもりだけど。
それなら春埼に言えば良い。彼女はきっと喜ぶ。そして私よりも的確な答えを知っている。
実は、それが嫌だったんです。

この会話は、中々に、ケイの本心を表していますね。
酷いことをするのに、罪悪感はない。どういうことでしょうか?

この事や喫茶店での話からも、まずは、
彼も本当はこんな事はしたくないと思っている事が、良くわかります。

ですが、それしか方法が無い為、
仕方なくこのやり方を通そうとしているという事が、透けて見えます。

ちなみに、何故、選択肢が限られているかというと、管理局に目をつけられたからです。

・管理局に危険因子として認識された
→排除対象になりえる為、厚生に時間をかけられない。
 津島はそれを望んでいないので、ケイに全てを託しました

・管理局が手を下した場合、村瀬は能力を奪われ居場所を失う可能性が高い
→管理局は、その辺りが厳格です。
 目をつけられたら、追放され街を出ることで、記憶を消される可能性が高いです。

以上のことから、もう、手段は選べない状態だったわけですね。

浅井ケイの本質は?

さて、ここで踏み込んで考えます。
何故、彼はこの方法を取りたくないと考えているのでしょうか?

え? そんなの、自分が痛い思いをしたくないからに決まってる?

私には、そうは思えません。 

今迄の行動、そして、彼の言動から、ある一つの方向性が見えて来ます。

・春埼がケイにとって唯一の善だったのに、彼女に感情を与えた事
・野ノ尾さんと神様の会話
・「涙を消しに行こう」という言葉の意味


彼は、人々を救って笑顔にしたいと心から渇望しています。
つまりは、善そのものでありたいと、常に思っているのです。
これが、彼の行動原理だと思います。

ですから、彼にとって最も耐え難い事が、その逆だと考えられます。

つまり、彼のせいで誰かが泣く事です。

ここまでくれば、もうお分かりですね?
何故、ケイが、河原の決闘をしたくなかったのか?

村瀬さんも、そして、春埼も、泣く事が分かっていたからですよね。
haruki04
ですが、最終的にはその方法を選びました。
それしか思いつかなかったから。そして、その先があると信じていたからです。

と、こう書くと、なんだか、少し良い話の様に聞こえるかもしれませんが……

まぁ、そんな単純な訳がありません。
村瀬との戦いで、おかしい部分が際立ってますからね。
ここが、浅井ケイが、最高に狂っている所です。

では今までの事を整理した上で、改めて考えましょう。

彼の狂っている所は何処なのでしょうか?
彼のことを許容できない方は、何が嫌なのでしょうか?

もちろん、これは、個々人で考え方や捉え方が違うので、
あくまで私の捉え方として、お読みください。

私が彼の狂った部分を考えた時、際立っているのは
彼の居場所が何処にもない所だと思っています。

彼はをなし、人々を笑顔にしたいと心から願っています。
ですが、同時に、彼は自分の事を救いたいと思っていません

それは、今までの会話の端々から、読み取れます。
第2話で『ロボット工学三原則』の話題が出た時の会話を覚えているでしょうか?

彼は、春埼の答えを絶賛しました。
3つ目の答えが、春埼独自の考えだった事を、特に賞賛していたわけですが……
では、消された3つ目の原則は、何だったでしょうか?

自己防衛

これが、消された原則です。

彼は、自分の幸せを考えていません。
彼は、自分の身を守ろうとしていません。

人であれば、真っ先に考えるはずの、自分自身の事を捨てています

極端な自己奉仕の精神

これが、際立って狂っている所かと、私は思います。
だから、彼は自分が傷つくことを躊躇しません。

彼は、自分の事を大事にしていません

だから、一般的な感性の方から見て、気持ち悪く思えるのではないかと。
それは、自分の価値観と合わない彼の精神が理解できないからです。
自分と彼を重ね合わせようとして、拒否反応が起きるからです。

ですから、もし良かったらですけど……
まずは、彼の本質が、そういう物であるとして、理解してみてください。
あくまで、第三者の視点として、彼を見てあげて欲しいです。

そして、彼は、自分がやりたくない嫌なことよりも、
誰かが救われることを選びました。

その結果、村瀬は救われたのです。

以上、駆け足でしたが、第3話、第4話の解説でした。
私的な意見が多くなりましたが、少しでも何かの参考になれば嬉しいです。

では、お読み頂きありがとうございました。

※本記事の画像は、 以下の権利者より引用させて頂きました。
問題のある場合は、削除致しますので、ご連絡下さい。 
©河野裕・椎名優⁄KADOKAWA⁄アニメ「サクラダリセット」製作委員会